現在 広告中内容

広告 · mlet-1.jimdosite.com

1 dollar book series 1 | 1 dollar true story | 世界面白旅行Download 1 dollar book series 1 and enjoy it on your iPhone, iPad, and iPod touch. 短編小説 書いて作って 売る 要面接 電話受付.

私は小説を書いて アイフォン、iPadのアプリに載せて販売しています。世界中で読んでもらえます。

 しかも完全な自主出版です。興味のある方はお電話下さればご質問に応じる事は可能です。下記の電話へご一報下さい。

電話番号: 080-3310-3649


ウエブサーフィンの ヒント :

 アイコン長押しで 遷移 (移動)が出来ることがあります。






アントレプレナーシップ
日本人今求められるのはこの創業精神の高揚だそうです。東京六大学の校歌をよくみて見るとこの事を歌にこめているのがあります。
私達は学校を卒業すると多くの方がサラリーマンになります。そしてその会社の先輩達の残した業績、資産に従って働きます。
一方、創業精神のたくましい人は先輩の助けを借りないで事業を立ち上げるので失敗もあれば成功もあります。
昨今のアメリカ人の創業者の成功例には目を見張るばかりです。日本も明治維新まではそうでした。私もその方達を見習ってサラリーマンを卒業してから、他人の言う事に従わないで自分のことは自分で決定する仕事を立ち上げました。



  • 偉業を達成するには、揺るがぬ信念が必要です。それが、我々が成果を出せる理由です。


https://apple.co/3waT0W8

新たなチャレンジは私たちの原動力です。より良いサービス提供を行うことが喜びであり、楽しくも真剣に取り組んでいます。

アプリの

内容も出来るだけ遊び本位ではなく少しでもユーザーの皆様のお役に立てるものを心がけて
販売するようにしております。

The content is not play-oriented as much as possible, but try to be useful to users as much as possible.
I am trying to sell it.


弊社アプリの強みは お子様からお年寄りまで老若男女を問わず

経済的に安心してお使いいただける様、無料か、有料でも

一回のお支払いで完結して追加の支払いがありません。


The strength of our app is for children and the elderly, regardless of age or gender.

Free or paid so that you can use it economically with peace of mind

It's a one-time payment and there are no additional payments.

このプログラムは  App Store h10 のアプリのアイコンです。老人や幼児のための電話番号が使いやすいように作られています


This program is an app icon on the App Store h10. Phone numbers for the elderly and toddlers are designed to be easy to use.


https://www.youtube.com/watch?v=lQzeYoDEVJ0

https://itunes.apple.com/jp/app/hiraganakuikkuwapurotomeruto/id1171706652?mt=8

マイミッション

目標達成に邁進する方の助けになるよう日々努力しています。下線のあるURLはクリックすれば遷移します。下線の無いのはその部分をなぞってコピーしてURL欄に貼り付けてリターンを押せば遷移します。
https://itunes.apple.com/jp/app/pikkabukku-bao-fa1-4tong-he/id1193047144?mt=8

https://apps.apple.com/us/app/1-dollar-true-story/id910077122?itsct=apps_box_link&itscg=30200


https://apple.co/3waT0W8

ピックアップ

これまで培ってきた私たちの経験や実績をもとに、数々の素晴らしいお客様にご愛顧いただいております。

ソリューション

私たちは最大限のアウトプットを追求します。ご要望に合わせて私たちが寄与できる付加価値を常に提供します。

マイストーリー


どんな人にもそれぞれのストーリーがあります。私がどのような人間で、どのようにしてプロジェクトを実現してきたかを、ぜひご覧ください。